閑話休題。
ポケモンのトリプルバトル中心のなんやかんや。
プロフィール

Author:kanwakyudai
おーたむと申します。トリプルバトルをやる人。クチート偏愛系にわかトレーナー。ポケスペ好きという設定がある。twitterはこちらから→@autumn_pkmn 気が向いたらフォローしてみてください。



カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



カテゴリ



最新記事



アクセスカウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ORASトリプル構築】メガチルタリス軸更改【トリプルチャンピオンシップ前期大会優勝】
てるるんさん主催トリプルチャンピオンシップ前期大会で優勝しました!
わあい

最終戦負けました。
わあい

(大会記事のリンク)


負けて悲しいので淡々と構築紹介と対戦ログに移ろうと思います。
優勝したときに書いておけばよかった。



使用した構築はメガチルタリス軸スタンダードです。

altaria-mega.gifjellicent-f.gif
hariyama.giflandorus-therian.gif
talonflame.gifaegislash-blade.gif


手に馴染んだ構築の中で
雨環境である現環境に有利が取れて
次点のガルーラスタンやバンドリに
五分以上が取れる構築を探したところ
チルタリスが該当しました。
(他候補はクチートドラミドロやガルドーマリルリがいた)

改良前はこちら。
【ORASトリプル構築】メガチルタリス軸改【グッドスタッフ】


他の方のチルタリス構築を見ていると、

メガチルタリス+範囲打点水+対フェアリー遂行

が基本形となっていることに気づきます。


メガチルタリスは、メガ前のノー天気という特性が非常に強力で、
晴れや雨、ギフトなどの打点上昇を無効化しつつ
すいすいや砂かきのS上昇も打ち消せるなど、
天候環境に刺さるメタ的な立ち位置のメガ枠です。
メガシンカ後もスキンボイスの削り性能や
ドラゴンフェアリーの耐性と羽休めによる詰め性能と
優秀なスペックを持ちます。

次に、範囲打点水枠ですが
メガネ濁流シャワーズやスカーフ潮吹きブルンゲルなどがありました。
ガルスタンや砂に通るのはもちろん、
ノー天気と組み合わせることで対晴れでも
一貫性の高い全体技に化けます。
また、使い手が水耐性を持つので
対雨でも正面から打ち合えます。

最後の対フェアリー遂行枠は
チルタリスがいる以上どうしても負担が大きくなる
ニンフィアを制限する必要があるためです。
この枠は受け思考ではなくて高速処理のできる駒を優先したいです。
メガチルタリスを両刀で恩返しを採用することで、
処理速度を高めて負担を軽減することが可能です。

今回の構築では、この形式を踏襲して
両刀メガチルタリス
+スカーフブルンゲル
+ギルガルド・チョッキランドロス・H振りファイアロー
という並びを採用しました。
ここまでで不足している猫騙し枠に、
高数値・ガルーラへの高速遂行という点から
ハリテヤマを採用して完成となりました。



それでは個体解説です。
数値は理想値を載せているので
実際に使った個体とは異なる部分があります。
ランドとか。


チルタリス
altaria-mega.gif
ハイパーボイス・恩返し・羽休め・守る
ノー天気→フェアリースキン チルタリスナイト
勇敢6V:161(84)-177(244)-130-150(156)-126(4)-92(20)
威嚇込みスキン恩返しでHカポ超高乱1
恩返しがニンフに7割
177メガガルの捨て身高乱耐え
無振りカポ抜き抜き
Wダメハイボがニンフに3割、メガルに確3

今までの穏やかHDベースのハイボ/羽休め/追い風/守るのチルタリスと比較して
勇敢両刀にするという案を採用するメリットは多いです。
ひとつは、ニンフィアへ大きな打点を持てるので、
従来の特殊型では引かざるを得ず、全体にハイボを通されてしまうところを
横の並び次第では上から集中をかけることで突破しうるようになる点です。
ニンフィアという環境最強ポケモンに対して余裕のない動きを
強制されるのがチルタリス軸の最大の弱点だと考えていたので、
この発想を初めてみたときは感動でした。
また、詰め筋としてのメガチルの動きを考えたときに、
打点が全体技のハイボのみだとワイガ連打に屈することになります。
積極的に全体技を通す構築ではないために、ワイガ役を優先処理するメリットが薄く
メガチル詰めを狙うときに余計な負担が増えることになっていました。
単体打点を採用したことで、本来役割対象であるはずの
ワイガ持ち格闘タイプを放置する動きが可能となりました。
そして、耐久振りメガチル最大の欠点であった、
無天候パ(特にガルスタン)を相手にすると、火力が無さすぎて
置物になる、しかもガルニンフガルドドランアローバレルサンダーあたりを詰められない
というメガ枠にあるまじき低性能っぷりが、
殴り合いに弱くない程度には最低限の打点と耐久を持った
良耐性で中速中火力中耐久の悪くない感じのポケモンになります。


ブルンゲル
jellicent-f.gif
潮吹き・トリック・水の波動・吹雪→シャドーボール
貯水 拘りスカーフ
臆病:175-*-91(4)-137(252)-125-123(252)

範囲水打点の中でも、奇襲性が高く、
初手で猫騙しを無視して上から高打点を押し付けることで
序盤からゲームの流れを取りに行ける
スカーフブルンゲルを選択しました。
PT全体が中速に寄っているのでトリルを偽装でき、
より奇襲性が高くなっているかと思います。
ノー天気との組み合わせた時の晴れ砂への通りの良さは強力でした。
貯水なのはスカーフで耐久が低く呪われの試行回数が稼げないこと、
潮吹き主体なので無駄なダメージを受けずに動かせたり
後出しできたりする可能性があるように、無効を増やしたかったからです。
あと貯水だとと対雨に余裕ができて回しやすかったです。
初手で中央じゃなくて端に置いてトリルする感を出し
スカーフを警戒させないみたいなことをやります。


ハリテヤマ
hariyama.gif
インファイト・叩き落とす・手助け→フェイント・猫騙し
厚い脂肪 ラムの実
勇敢4VS0:219-187(236)-98(140)-*-97(132)-49

よくいるデブセリアのチョッキじゃないやつ。
手助け採用は、低速猫だったのと、PT全体の火力の底上げにと考えて、
手助け潮吹きやりたいなーと仕込んでみましたが
有効に使える感じがせず、フェイントの方が汎用性が高いという結論に。
対叩き、晴れ、ガルスタン、トリパと幅広い相手に刺さるポケモン。
意地っ張りで追い風に対応できるSラインを取るのもありですが、
特にトリルを意識したいので最遅が安定すると思います。


ランドロス霊獣
landorus-therian.gif
大地の力・叩き落とす・岩石封じ・目覚めるパワー氷
威嚇 突撃チョッキ
照れ屋VVVVVUめざ氷:195(244)-166(4)-121(84)-134(68)-108(60)-117(48)

滅多にいないタイプのランドロス。威嚇枠。
スカランドが無限に刺さる並びになっているので、
処理コースを増やすためのめざ氷採用。
チルタリスが物理技を使う関係で物理打点が多くなっていることと
メガチルが浮いていないせいで地震が打ちにくい並びになっていることから
大地採用の特殊ランドにしたかったこともあって、このような構成になりました。
ゴースト2枚構成で滅びには強いのでトンボではなく叩き、
ワイガを透かしてリザアローを殴りつつ擬似的なS操作も兼ねる岩石封じと採用しました。


ファイアロー
20140225112432a86.gif
ブレイブバード・剣の舞・追い風・守る
疾風の翼 鋭い嘴
意地っ張り:185(252)-146(252)-91-*-89-147(4)

フェアリー耐性。追い風は相手のS操作への切り返しとしての採用です。
A+1嘴ブレバでスカランドをワンパンできるため、ランドへの切り返しの一つとしても。
優先度の暴力で上から押さえつけて周りの強い駒を動かしやすくするのを基本として、
隙を見て剣舞を積むことでゲームメイクすることもできます。
特に対トリパではトリルのタイミングに合わせて積むことで強力な解答となります。
中速で固まるこのPTでは貴重な上から殴れるポケモンなので、
終盤まで大事にするために守るを採用しました。


ギルガルド
aegislash.gif
シャドーボール・ラスターカノン・ワイドガード・キングシールド
バトルスイッチ 命の珠→気合のタスキ→カゴの実
控えめ:135-*-170-112(252)-171(4)-112(252)

フェアリー耐性。
ガルーラ軸に対して押し付ける駒にするために命の珠で攻撃的にしましたが、
それだとドーブルとかいうポケモンを舐めているのでカゴがいいと思います。
最終戦はドーブルに好き勝手されて負けたので
この構築考えた人はトリプルバトルの基礎から学びなおした方がいいと思いました。
あと世の中のトリラーは全員珠シャドボを耐えるので
珠を持っても意味がなかったです。手助け+カゴとかの方がマシでした。
持ち物が何であれギルガルドは強いので強かったです。
ノー天気だと雨や晴れとも殴り合えますが、雨や晴れとやるときは他に
前に出したいポケモンが多いのであまり出番はないです。
縁の下の力持ちといった印象でした。



長くなって疲れたので対戦ログは簡単に。


初戦 シャーさん
ニョロトノ・ルンパッパ・シャンデラ
(メタグロス・カポエラー・ランドロス霊獣)

ファイアロー・ハリテヤマ・ブルンゲル
雨構築はカモだったのでノー天気でトノルンパを阻害する基本プラン通りに。
シャンデラの前にブルンゲルが置けたのでタスキだったらやだなあって思いながら
潮吹きを押したらラムだったらしく通ってばんざい。
2ターン目にはルンパも処理でき、グロスが対角に出てきたので
チルタリスをメガらせて削っていき、数的優位を維持したまま押し切って勝利。


2戦目 まくらカバーさん
クレッフィ・ニョロトノ・ゲンガー
(ゴチルゼル・カポエラー・ラッキー)

ギルガルド・ハリテヤマ・ブルンゲル
打点足りないしハリテのフェイント切ってるから滅びは無理って言ってました。
ゴースト二枚で最低限ケアしながらちまちま殴っていくも
ブルンがメガゲンガーより遅いのでシャドボで大ダメージ食らって辛い展開。
ラッキーをどうやって突破すればいいんだろうって思っていたら
クレフの雨乞いから水の波動撃ってきてビビるものの
アローに4割くらいしか入らず悲しくなりました。
2回目の滅びの前にブルンのスカーフトリックをゴチルに決めてトリルで縛り、
舞ったアローのブレバを押し付けて滅びを押させずに勝ち。
クレフの威張るを絶対にケアできないので辛いって言い続けていたし
状態異常耐性の低さが出ていました(威張らないクレッフィでした)。


3戦目 さいまるさん
サーナイト・ズルズキン・パラス
(ドサイドン・ユキノオー・ファイアロー)

ファイアロー・ギルガルド・ハリテヤマ
ツイッターで耕してるという情報を入手してビビる。
選出画面でパラスがいてもっとビビる。
例によって催眠耐性がないので全力でパラスを殺しに行くことにします。
初手はサナがタスキでガルドのシャドボを耐えてトリルを貼られるも、
ズキンにファスガがなかったようで2ターン目にブレバでパラスを処理でき
トリルターンを凌ぎきる体制を整えます。
トリルラストターンにドサイに耕されてしまい
作物(ノオー)が育ってしまうものの、
アローのガルド方向フレドラをきちんとケアしてノオーを処理し、勝ち。


4戦目 ブラットさん
サンダー・ミロカロス・ガルーラ
(ヒードラン・カポエラー・ギルガルド)

ブルンゲル・ハリテヤマ・チルタリス
ここに来てついにガルーラ。辛い。
サンダーに初手スカトリをかけて制限しに行くも、
押した後で相手視点10万連打安定であることに気づきます。
とはいえ追い風を押させないようにはできたので
一方的に殴られる展開とはならず、ちまちまと削り合う展開。
カポエラー以外にチルタリスが弱い(!)ため
ブルンゲルで無理やり詰ませにいくプランとして、
再生持ちのミロカロスを集中でどうにか倒して
ラストガルーラを不意打ちじゃんけんに勝てば勝てるという状況に持っていったら
途中の水の波動でガルーラが混乱し、そのまま自傷を引いて突破して勝ち。
今日は勝てる日だということをはっきり自覚しました。


決勝 すきやバイトさん
ニンフィア・ヒヒダルマ・リザードン
(ハリテヤマ・ランドロス霊獣・クレセリア)

ブルンゲル・ハリテヤマ・ランドロス霊獣
終盤のレートでは久しくお目にかかれなかったゴリラ入り晴れ。
PT相性優位なので自信を持って臨むことができました。
とはいえヒヒダルマがどう頑張っても上からワンパンできない上に
ノー天気で晴れ補正を消したところで過剰火力なので多少の被害を覚悟して
重いダルマ・ランド・ニンフを優先的に狙う形に立ち回りの方針を固めます。
途中ダルマに一回動かれてしまう盤面になったので、
要らなそうだしワンチャン耐えないかなーって素のチルタリスを投げたら
ノー天気込みで確定だったらしく吹き飛んでいくなど。
結局チルタリスは対晴れだとメガしても打点がないので
ノー天気のまま適当なところで切り捨てることになりがち。
中盤は追い風からめざ氷でランドを屠って、
返しのクレセのトリルにアローの剣舞を合わせ
ガルドがクレセへのシャドボ急所引いてほぼ試合が決まり
細かい択もほとんど負けてなかったし、やっぱり来てるなあと思いました。

優勝。



後日最終戦 チーズさん
マリルリ・ドーブル・ニャオニクス
(クチート・サザンドラ・サマヨール)

こちらのPTは同じ。
ニャオニクスと並んだドーブルがどう捻っても対処できなくて絶望。
完全に構築段階で考慮していない並びだったので、
無理だよなあって言いながらいろいろやったけど
択もプレイングも甘かったので何もできずに負け。
そもそもメガクチートをワンパンできる駒がいないので
太鼓マリルリの横でニャオがクチートにいば神秘し始めたあたりで
お手上げでした(ニャオマリクチ全部を1回までしか動かさせちゃ
いけないにもかかわらず、こちらはどれもワンパンできない)。

ガルドがカゴを持ってれば、2戦目以降で対応できたので
構築の甘さが出てしまう結果に終わりました。悲しい。



altaria-mega.gif

構築の総括としては、
チルタリスの強さを十分に立てた上で
殴り負けない程度の打点を確保することができたので、
完成度はかなり高いと自負しています。

環境読みの観点でも、
ガルーラや叩きよりも雨や晴れが多いという読みは
そこそこ当たっており、有利な構築を引くことができていたので
正解だったかと思っています。



最後に、
主催のてるるんさん、参加者の皆様、
楽しい大会をありがとうございました!

次回大会は最終戦も勝って総合優勝取りに行くので
開催してくださいお願いします



追記
トリプルフレ戦募集中につき
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kanwaqudai.blog.fc2.com/tb.php/72-850a7b0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。